漢方Q&A

鍼灸治療・漢方相談の
ご予約・お問い合わせ

IKOSHI東西鍼灸院・東西漢方院 > 東西漢方院 > 
漢方Q&A

漢方Q&A

 

Q.漢方薬は、長く飲まないと効かないの?

A.早く効くものもあります。

漢方薬と聞くと、長期間服用すると思われる方が多いですが、長く服用する場合は、慢性的な症状や体質改善、健康維持を目的とされている場合です。

風邪のような急性疾患では、漢方薬は早く効きます。また夏バテで胃腸の調子が悪いなど一時的な症状は、短期間の服用で効きます。

 

 

Q.相談料は、いくらかかりますか?

A.無料です。

相談料はかかりません。お気軽にご相談ください。

 

 

Q.相談時間はどのくらいですか?

A.初回は60分くらいです。

初回は症状から体質、食生活などお聞きすることが多いので、60分くらいかかります。2回目以降は服用後の状態によって、15〜30分ほどです。

 

 

Q.相談しないと購入できませんか?

A.ご購入いただけます。

今まで服用経験のある漢方薬であれば、アレルギー等をお聞きしますが、ご相談なくご購入いただけます。

 

 

Q.鍼灸院と併設されていますが、必ず鍼灸治療も受けなければいけませんか?

A.漢方相談だけで大丈夫です。

漢方相談を受ける方が、必ず鍼灸治療を受ける必要はありません。

症状により漢方薬だけで充分なこともあります。

体調の改善に漢方と鍼灸どちらか迷われる場合は、お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

Q.漢方薬に副作用はないの?

A.副作用はあります。

身体が冷えている方が、冷やす漢方薬を服用すれば、お腹をくだす等、使い方を間違うことで漢方薬の副作用がでます。

また証(しょう:漢方の診断の事)があっていても、アレルギーが出ることもあります。事前にアレルギーの確認は行いますが、服用して初めて分かることがあります。漢方薬を服用後、発疹などアレルギー症状出た場合は、服用を中断しご連絡いただきますようお願い致します。

 

 

 

Q.漢方薬は、煮出さないといけないの?

A.粉や粒もあります。

昔から漢方薬には、煎じ薬(煮出す漢方薬)、散薬、丸薬、軟膏などがあります。

現在では、エキス剤といい煎じたエキスを顆粒や細粒、錠剤、液剤(パック詰めしたものやドリンク剤)などがあります。

 

 

Q.漢方薬は、煮出さないといけないの?

A.粉や粒もあります。

昔から漢方薬には、煎じ薬(煮出す漢方薬)、散薬、丸薬、軟膏などがあります。

現在では、エキス剤といい煎じたエキスを顆粒や細粒、錠剤、液剤(パック詰めしたものやドリンク剤)などがあります。